背中のムダ毛と言うのは、他の部位と違って産毛です。

どんなに背中のムダ毛が濃いという人でも、ヒゲのように太いムダ毛が生えていることはないでしょう。

濃かったり、黒ずんだりしている場合には、産毛の色が多少人よりも黒かったり長いということです。

産毛は、普通のムダ毛と違って、とても細くて短いのが一般的です。そして、どんなに成長しても、それ以上伸びることもありませんし、太くなることもありません。

ただし、びっしりと生えているので、光の当たり具合によってはとても目立ちます。色が濃い場合には、かなり人目につきます。

また、基本的に細くて短いので、処理が難しいのです。産毛はカミソリで剃っても、きっちり剃りきれません。

毛抜きを使おうとしても、短いし柔らかいので、なかなかつかめないため、抜くことも出来ません。

ですが、ワックスなら、肌に密着して産毛を根元から絡めとることが出来ます。

つまり、背中の産毛の処理にはワックスが効果的なのです。ただ、普通のワックスは薬剤が配合されているので、とても刺激が強いというデメリットがあります。

背中はニキビが出来やすいことから分かるようにデリケートです。

だから、普通のワックスでは肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

そこでおすすめしたいのがブラジリアンワックスです。

ブラジリアンワックスは、基本的にオーガニック系原料が使われているので低刺激です。背中のお肌を傷めることなく、綺麗に処理することが出来ます。

ブラジリアンワックスについておさらい



ブラジリアンワックスは、欧米やヨーロッパでは非常にメジャーな脱毛方式です。

基本的には、アンダーヘアを処理するためのワックスになります。

ただ、ビキニライン用のワックスとは違い、陰部から肛門までの、いわゆるVIOラインをすべて脱毛出来るという特徴があります。

日本では、IラインやOラインの脱毛が浸透したのは、ここ数年のことですね。でも、外国では、VIOラインの脱毛はとてもポピュラーなことです。

そのため、VIOラインの脱毛の技術が発達しています。ブラジリアンワックスは、数あるVIOラインの脱毛方法の中で、もっとも安全でダメージのない方法と言われているものです。

ブラジリアンワックスの原料は、主に天然由来のミツロウです。

薬剤などはほとんど配合されていないため、デリケートな部分でもダメージを与えることなく脱毛が出来るのですね。

ブラジリアンワックスの脱毛方法は、脱毛する部位に温めたワックスを塗ります。ワックスが乾いたら、パーツごとに細かく引きはがしていきます。

そうすると、乾いたワックスにムダ毛が絡め取られるので、産毛のような細いムダ毛も綺麗に脱毛することが出来ます。

ブラジリアンワックスだと、脱毛するのでムダ毛の再生が遅くなります。だから、カミソリなどのように頻繁に処理をする手間がありません。

また、カミソリ負けも起こらず、肌トラブルが起きることもありません。

さらに、ワックスを剥がす時、古い角質も一緒に除去することが出来ます。

そのため、脱毛した後のお肌はなめらかになり、保湿ローションの浸透が良くなるというメリットもあります。ただ、これも永久に生えてこないわけではありませんので、定期的に処理をする必要があります。

長期的な脱毛が目的ならサロンで処理してもらう事が最良の方法と言えます。